ベルト・ケンプフェルトとビートルズの邂逅!(後篇)

☆注意⇒前篇からお読み下さい・・・・。

さてここで、ベルト・ケンプフェルトへと話が繋がるのだが、この「My Bonnie」のレコーディングのプロデューサーを務めていたのが、何と彼だったという驚愕(と言うほどでもないが!)の閑話休題。

ハンブルグ在住で、独グラモフォン傘下のポリドールレコードのA&RRecording Producerを兼務していたベルケン!は、友人のロック歌手!の推薦で、Tony SheridanThe Beatlesのトップテン・クラブでの演奏を聴き、レコーディング契約を即決!!しかもその契約はポリドール・レコードとの契約ではなく、「Bert Kaempfert Production」との1年契約だったと言うのだから、さらに驚愕!である。山師根性があったのでしょうか??

 

1958年に「真夜中のブルース」をスマッシュヒットさせたとは言え、まだまだ楽団運営は順調とは言えず、A&R業も手広くやっていたのでしょう。ところがこの直後の1962年に、「Wonderland By Night 星空のブルース」が全米でチャート1位を記録した為なのか?どうなのか?、The Beatlesとの契約は更新されず1年のみで終了。逃がした魚は大きかったのでしょうが、契約延長していたとしたら「Strangers In The Night 」という名曲は生まれなかったかも知れず、人生の巡り合わせは謎だらけ!!

それよりも何よりも、The BeatlesBrian Epsteinという稀代のマネージャーと出会うことも叶わなかった訳で、現在の音楽状況はかなり違ったものになっていたことでしょう。

 

その後、Tony Sheridan & The Beat Brothers名義のシングル盤「My Bonnie c/w The Saints」は、独ポリドールより196110月に無事リリースされた。

その噂を聴きつけたリヴァプールのビートルマニアが、Brain Epsteinの経営するレコード店に買いに来て、在庫が無かったので店員に尋ねる⇒そんなことが何度か続き、店員がBrian Epsteinに報告⇒ドイツからシングル盤を取り寄せる⇒The Beatlesの初音源なので多数のファンが買い漁る⇒気になったBrian Epsteinが、Cavern Clubキャバーン・クラブにThe Beatlesを観に行く⇒直感的に閃く!!⇒マネージャーとして立候補!!

••••と言うサクセスストーリーが、この時、リアリティを持って蠢き始めたのだ!!


そんなBert Kaempfert Orchestraの、第2次絶頂期1967年のライヴ映像を!!

TVのショウ番組の中で、4曲メドレーを披露!!

African Beat

Wonderland By Night

A Swinging Safari

Strangers in The Night

続きを読む

ベルト・ケンプフェルトとビートルズの邂逅!(前篇)

バンダ・プラネタリオのライヴのOpening SE曲「Sentimental Journey」。オリジナルは、1944年にLes Brown楽団の専属歌手だったDoris Dayが歌って全米1位を記録したもので、作曲はバンマスのLes Brownによるもの。

私たちの使用している音源は、ハンブルグ出身のドイツ人作編曲家&指揮者Bert Kaempfert ベルト・ケンプフェルト率いるオーケストラにより、1962年にレコーディングされた作品。「世界を旅する音楽!!」を標榜するバンプラには、実にピッタリな選曲!!

 

さてところで、このベルト・ケンプフェルト氏。編曲の腕もさることながら、作曲能力にも秀でていて、素晴らしい名曲を多数残している。

最も有名なものは、1966年にFrank Sinatraの歌で大ヒットした「Strangers In The Night」。他にもNat King Coleの「Love」、Connie Francisの「Danke Schoen ダンケ・シェーン」、Elvis Presleyの「Wooden Heart」、AL Martinoの「Spanish Eyes(Moon Over Naples)」、Herb Alpert & Tijuana Brassの「The Maltese Melody(マルタ島の砂)」などなど、

ヴォーカル曲からインスト曲まで実に幅広い。BGMとして耳にしたことのある曲は、かなりの数に上るのではないかと思う。

 

インスト曲の中でも、ビートルズ世代がギリギリ記憶しているであろう「星空のブルース」。この曲は、1960年初頭、ニッポン放送の洋楽番組「P盤アワー」のテーマ曲に使われていて、今でもトランペット・ソロが奏でる旋律を聴くと、洋楽を聴き初めし頃の甘酸っぱい(??)記憶が蘇ってくる。

この時代には、洋楽宣伝の一環として、各レコード会社の洋楽チャート番組が存在した。「P盤アワー」はポリドール、「S盤アワー」はビクター、「L盤アワー」はコロンビア。そして、何と言っても極め付けは、前田武彦氏と横山道代さんの軽妙なトークで進行される「東芝ヒットパレード」。1964年のビートルズ世界的大ブレークの時期には、そのラインナップたるや黄金時代そのものだった。

 

でもその時期、「P盤アワー」のポリドールレコードも、謎なビートルズものTony Sheridan & The Beat Brothers の「My Bonnie」で気を吐いていた。The Beat BrothersとはTony Sheridanのバックバンドの総称で、このレコーディング時のバンドがたまたまThe Beatlesだったと言う事である(ビートルズと言う発音がドイツ語の卑猥な言葉に似てるので、自主規制してThe Beat Brothersに変名したと言う説もある)。

今からまさに54年前の1961年6月、ドイツのハンブルグで、彼らの「My Bonnie」「Ain’t She Sweetいい娘じゃないか(この曲は何故かJohn Lennonがリード・シンガー)」など7曲がレコーディングされている。ここからベルト・ケンプフェルトとビートルズの繋がり話なのだが、続きは後編で。    

続きを読む